カスタム検索

古都鎌倉 (3)
古都鎌倉(3) 「若宮大路と段葛」     古都鎌倉(4) 「鶴岡八幡宮と大銀杏」
日本周遊写真集T  小生の旅と山旅  日本周遊紀行  世界遺産と鎌倉・湘南  日本周遊ブログ

【本文関連情報

(標題はブログにリンクします)


古都鎌倉(3) 「若宮大路と段葛」

.


若宮大路と段葛






「段葛」を通れるのは神の他、将軍かその後の北条執権に限られた・・、

鎌倉市中で鮮明に気付くのは山地多く、入組んだ道が多い中、市街の中央を幅広い一直線の道が、由比ガ浜から八幡宮境内まで延びている。
まるで市内を二分しているようでもあり、この真っ直ぐに延びる参道を「若宮大路」と称している。


「若宮」とは先にも記したが、八幡宮が新規に鶴ヶ岡に移遷されたことであるが、他にも平安京の時代から、ここ鎌倉に新幕府を開いたこと。
そして頼朝自身この地で武家の棟梁になったこと。  等々余りに符号した命名に頼朝は満面で笑くそえんだという。



JR鎌倉駅前を少し出ると、若宮大路である。

この辺りが概ね大路の中間地に当たる二の鳥居がある。
ここで特徴的なのが、ここから一の鳥居まで、つまり宮の境内前までが大路の中央部分が幅4〜5mくらい一段と高い通路になっていることである。
この部分を「段葛」と称している。
両端を石組みしてありツツジの植え込みと桜並木になっていて、むろん今は歩行者専用である。


幅に関して正しくは、一の鳥居側(宮側)は3m、二の鳥居側で5mあり、つまり、宮側が狭くなっているのである。これは、人の目の遠近、錯覚をねらったものだといわれる。 


普通、大きめな社宮には森に囲まれた長い参道がある。
社は異界の地に在り、人々がお参りするのには、この間に邪気・邪心を祓い清心敬虔な気持ちで参拝すべきものである。

だが、若宮参道は短く、周辺は人が住み着き、往来する俗界がすぐ近くにあったが為、より長く、遠方であるとを錯覚させたともいわれる・・?。



【本文関連情報




「段葛」の造作については諸説あるが・・、


主として北条政子が懐妊したとき、祝事として行ったというのが一般的である。 
又当時、大路周辺は低地で大雨が降ると泥道になる、そのため高貴な方は一段高所を通るためとも云われる。
他に祭事の折の神の通り道、とあるが「神のほかは、段葛を通れるのは将軍かその後の北条執権に限られた」とも云われる。 



義経は、この段葛を通ることは許されなかった・・!!、


源平合戦の「壇ノ浦の戦い」で入水に失敗し、捕虜になった平家の大将・「平宗盛」が鎌倉へ移送されてきた。
この時、この段葛をスゴスゴと通ったという。 
宗盛は官職では従一位内大臣にあったため、一応の礼をつくしたのだろう。 


因みに、この時護送してきたのが「源義経」であったといわれる。 

任務が終えた後、義経自身は「腰越」の地に留まるよう頼朝より命じられている。
そして実兄・頼朝に面会も叶わず、宗盛を再び引きずれて京へ戻る破目になる。 

この時期、頼朝から見れば義経は、宗盛より政治的に罪人だったのだが、宗盛はむろん義経自身未だそこまで気が付いてなかったらしい。 

義経は以降没落の道を歩むことになる、歴史の皮肉である。

後の義経の段において、いずれ更に詳しく述べます。


次回は、大銀杏と実朝     古都鎌倉(4) 「鶴岡八幡宮と大銀杏」へ




        

古都鎌倉(3) 「若宮大路と段葛」     古都鎌倉(4) 「鶴岡八幡宮と大銀杏」へ
日本周遊写真集T  小生の旅と山旅  日本周遊紀行  世界遺産と鎌倉・湘南  日本周遊ブログ  

【本文関連情報


日本周遊紀行:詳細目次
詳細目次(東日本)  信越・東北西沿岸 北海道T、世界遺産:知床 北海道U 東北・東沿岸 関東沿岸
詳細目次(西日本)  鎌倉・湘南 東海 近畿 四国 山陽 九州(北、西) 九州(南) 九州(東)  沖縄  
                山陰・北近畿  
北陸  世界遺産:紀伊熊野  宮島 石見銀山
【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
東北紀行2010
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

古都鎌倉紀行
「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
南アルプス・仙丈ヶ岳(1976年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
尾瀬・燧ケ岳紀行(1973年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」




inserted by FC2 system