カスタム検索

古都鎌倉 (4)
(赤字の標題はブログにリンクします)
古都鎌倉(4) 「鶴岡八幡宮と大銀杏」     古都鎌倉(5) 「白旗神社」
日本周遊写真集T  小生の旅と山旅  日本周遊紀行  世界遺産と鎌倉・湘南  日本周遊ブログ

【本文関連情報

(標題はブログにリンクします)



古都鎌倉(4) 「鶴岡八幡宮と大銀杏」

.



参道階段の大銀杏(左側)





源実朝の暗殺事件・・!!、


『 箱根路を わが越えくれば 伊豆の海や 
                    沖の小島に 波の寄る見ゆ
 』

源実朝が編纂した「金槐和歌集」より自身の一首である。


実朝は政治の実権は既に北条氏に移っていたため、早くから京風文化に憧れ、和歌、管絃、蹴鞠などを好み、特に和歌では第一級の歌人といわれた。

実朝が右大臣に任官したのをうけて、次の年の承久元年(1219年)正月、八幡宮本社において拝賀の儀式が盛大に行われた。
祝賀式が無事終了して、実朝は数人の従者とともに本殿から幅員のある石段を降りていった。
途中に公孫樹(いちょう)の植木があった。


現在、太鼓橋から石畳の参道をゆくと、中ほどに舞殿(神楽殿)がある。
舞殿は源義経の愛妾だった「静御前」が歌舞を演じた舞台である。

そこから幅の広い61段の大石段を上ると、すぐに煌びやかな本殿が鎮座している。
その石段の途中左側に樹齢千年以上ともいわれる大公孫樹がある。
この樹は二代目ともいわれるが、本殿と石段とそしてこの公孫樹の樹が三味一体の構図を成して実にいい。 


本文関連情報



実朝が公孫樹に近ずいたとき、木陰で待ち伏せていた甥子の公暁(くぎょう・頼家の子、)に「親の敵・・覚悟めされい・・」といって切り伏せられ首をはねられた。

三代将軍源実朝暗殺事件である。

頼朝は政治的手腕に優れ、一代で鎌倉幕府を創設するが、二代頼家、三代実朝共父に及ぶべきもなく凡庸な人物であったらしい。
その為、頼朝以来の御家人が不平不満に陥り、はては同士内抗争が起こり頼家、実朝は失脚暗殺に陥ったという。


頼朝なきあと鎌倉は北条時代の安定期をむかえるまで、動乱の坩堝と化していた。

ともあれ実朝の暗殺で源氏血統は絶やしたのである。


次回は、白旗神社     古都鎌倉(5) 「白旗神社」へ




  【速報・追記】

2010年(平成22年)3月、神奈川県指定天然記念物の鶴岡八幡宮の大銀杏は、強風の影響で根本から横倒しになった。
その事について同県及び鎌倉市は、八幡宮側に「幹の一部を輪切りするなどの方法で保存してほしい」と要請した。

八幡宮側も協議に応じる考えで、推定樹齢1000年のご神木は、年輪を見せる姿に形を変えて保存される可能性が出てきた。



そしてこの4月早々に、朗報がもたらされた。
先に強風のために倒れた御神木の大銀杏の元々あつた場所に殘された根元部分から、幾十もの新芽=若芽(ひこばえ)が生えて始めているとという。




強風の影響で根本から横倒しになった大銀杏


復元のための工事(いずれも鎌倉市)





        

古都鎌倉(4) 「鶴岡八幡宮と大銀杏」     古都鎌倉(5) 「白旗神社」へ
日本周遊写真集T  小生の旅と山旅  日本周遊紀行  世界遺産と鎌倉・湘南  日本周遊ブログ  

【本文関連情報


日本周遊紀行:詳細目次
詳細目次(東日本)  信越・東北西沿岸 北海道T、世界遺産:知床 北海道U 東北・東沿岸 関東沿岸
詳細目次(西日本)  鎌倉・湘南 東海 近畿 四国 山陽 九州(北、西) 九州(南) 九州(東)  沖縄  
                山陰・北近畿  
北陸  世界遺産:紀伊熊野  宮島 石見銀山
【小生の旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 

ハワイ旅行2007
九州旅行2008
東北紀行2010
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002

古都鎌倉紀行
「山行リスト」 

立山、剣(天の記)(1971年)
白馬連峰登頂記(2004・8月)
北ア・槍−穂高(1968年)
上高地・明神(2008年)
南ア・北岳(1969年)
南アルプス・仙丈ヶ岳(1976年)
八ヶ岳(1966年)
八ヶ岳越年登山(1969年)
谷川岳(1967年)
尾瀬・燧ケ岳紀行(1973年)
丹沢山(1969年)
西丹沢・大室山(1969年)
西丹沢・檜洞丸(1970年)
丹沢、山迷記(1970年)
奥秩父・金峰山(1972年)
「上高地雑感」
「上越国境・谷川岳」
「丹沢山塊」
「大菩薩峠」
 


スキーの記録  
「スキー履歴」




inserted by FC2 system