世界遺産;宮島・厳島神社

31、 安芸の宮島・厳島神社の大鳥居の謎・秘密(4)



日本三景の一つ「厳島」(宮島)は、厳島神社を中心とした島全体をいい、
1996年、世界遺産・文化遺産に登録された。
日本三景は、他に天橋立(京都府宮津市にある砂嘴)と
松島(宮城県松島町を中心とした多島海)があるのは周知であるが、
この二箇所いずれも世界遺産登録に動いたが、
現時点では「厳島神社」以外は登録に至っていない。



        
日本周遊紀行   日本の世界遺産   旅の記録集   山旅の記録集   世界遺産・日光





日本周遊紀行   日本の世界遺産   旅の記録集   山旅の記録集   世界遺産・日光



主題はブログにリンクします





  31、 安芸の宮島・厳島神社の大鳥居の謎・秘密(4)  










大鳥居の継ぎ目の部分 (コインについては後ほど)




  

★ 大鳥居の構造の不思議、

次に、厳島神社の大鳥居は、厳島神社の境内から沖合約200mの位置に建てられています。 
そして、この鳥居に近づくことで、さらに理解できますが、厳島神社の大鳥居は、他の神社の鳥居とは、明らかに違う建築構造をしているのです。

それは、干潮時に鳥居の足元を見ればわかりますが、通常の鳥居であれば、柱が2本あり、それぞれの柱となっている木が、地中深くに埋まっているはずです。

ところが、厳島神社の大鳥居は、本柱は1本と前後に足が2本ついていて、左右ですと6本になっているのです。

そして、その4本の支柱で鳥居全体を支えているのですが、何と地中には埋まっていないのです。
つまり、置いてあるというか載っているだけなのです。 
水の動きの激しい海中でも、忽然と直立していられるのかと思われがちですが、厳島神社の大鳥居は置いてあるだけなんですね。



★ 大鳥居の立ち姿、此れはどういうこと・・?

大鳥居の柱の足元の底部分には、「千本杭の工法」と言う建築方法が用いられていると言われています。
厳島神社の大鳥居の大鳥居の足元の底の部分の所謂、「千本杭の工法」とは「杭の工法」の一つで、45cmから60cmの「松杭(まつぐい)」と呼ばれれるクスノキを用いた杭が打ち込まれています。

各柱に打ち込まれた松杭の数は、30本〜100本ほど打ち込まれています。 
其のクスノキが鳥居の材料に選ばれて理由とは、以下のようになります。

他の木材よりも重量がある、腐食しにくい、虫に強い、などの理由からと言われています。



★ 大鳥居に玉石が詰められている・・?

次に気になるのが大鳥居の玉石の事ですが、エッ、玉石って・・?。 
大鳥居の高さは16.59メートルで、柱の間が10.85メートル、まさにビッグサイズの鳥居で、日本三大鳥居の一つで、 厳島神社を象徴する存在と言ってもいいでしょう。


因みに、その他の二つの鳥居というのは、もう一つが.吉野の銅の鳥居(かねのとりい)(重要文化財)で、金峯山寺(きんぷせんじ)蔵王堂の参道に建っていて、室町時代のものと伝えられ、高さが約8メートルとされています。(額束は「発心門」)、二つ目が.大阪の四天王寺の石の鳥居(重要文化財)で、永仁2年(1294年)に造られた日本最古の石造りの大鳥居のとされています。

普通の神社を考えてみますと、鳥居の外ってどうなってますか・・? 階段があるとか、道路があるとかそれが普通です。
厳島神社の大鳥居の外はどうなっているでしょうか、そう、海なんです・・! 。
まるで、広い海も含めて厳島神社なんですって言っているようにも見えますね。

堂々とした大鳥居。注目したいのは、一番上の部分。屋根のようになっています。
屋根の下は箱形になっているんだそうですで、箱の中身は、玉石がぎっしり詰まっているおいわれます。

実は、拳ぐらいの玉石らしいく、何でこんな高いところに石を入れる必要があるんでしょうか、其れはどうやら鳥居全体をを重くするためみたいです。

水の中にあるだけに浮きやすくなります、従って石をギチギチに詰め込んで重みを加えている。
こんなに大きな鳥居が倒れないように工夫しているんですね。


次回、大鳥居の謎・秘密(5)

  


        
日本周遊紀行   日本の世界遺産   旅の記録集   山旅の記録集   世界遺産・日光




当方、事情で写真は所有してないため、情景によっては所々に個人、公的機関等の許諾不要と思われる無料のフリー写真または素材を使用させて頂いております。その際、原画管理人にお礼をもう上げるとともに、もし、問題が発生しそうな場合は直ちに削除いたします。恐縮ですけど、連絡は「fcブログ」( http://orimasa2007.blog44.fc2.com/ ) のコメント欄へお願いします。
【旅のリンク集】
旅の紀行・記録集
山の紀行・記録集 山のエッセイ
「旅行リスト」
日本周遊紀行「東日本編」
日本周遊紀行「西日本編」
日本周遊紀行 (別URLです)

【日本の世界遺産紀行】 
北海道・知床  
白神山地 
紀伊山地の霊場と参詣道 
安芸の宮島・厳島神社  
石見銀山遺跡とその文化的景観 
奥州・平泉
世界遺産・日光大紀行



ハワイ旅行2007
九州旅行2008
東北紀行2010
沖縄旅行2008
北海道道北旅行
北海道旅行2005
南紀旅行2002
古都鎌倉紀行
日光大紀行



「山行リスト」 

立山、剣(天の記)
白馬連峰登頂記
北ア・槍−穂高
上高地-岳沢-穂高
上高地・明神
南ア・北岳
南アルプス・仙丈ヶ岳
南アルプス・鳳凰三山
八ヶ岳
八ヶ岳越年登山
谷川岳
尾瀬・燧ケ岳紀行
奥秩父・金峰山
丹沢山(
西丹沢・大室山
西丹沢・檜洞丸
丹沢、山迷記
大菩薩峠紀行
日光の山々
山旅の記
山の歌

上高地雑感
上越国境・谷川岳
丹沢山塊
大菩薩峠
日光讃歌



スキーの記録  
「スキー履歴」













inserted by FC2 system